痙攣性便秘 かたい便

ウサギの糞みたいなウンチしか出ない人は!

ウサギの糞しか出ない、その原因は・・・

頑張ってトイレにこもったけど結局ウサギの糞みたいな小さなカチカチのやつしか出なかった・・・こんな経験お持ちの方も多いと思います。これ、精神的ストレスなどによって自律神経が乱れて大腸の筋肉が痙攣を起こし、引き起こされる便秘に良く見られる症状なんです。こういった便秘を痙攣性便秘と呼びます。

 

痙攣性便秘を引き起こす原因として考えられるのは

 

精神的ストレス

生活リズムの乱れ

下剤の過剰利用

食物繊維の過剰摂取

 

などによっても引き起こされる可能性があります。

 

痙攣性便秘を解消するために

痙攣性便秘は自律神経の乱れから引き起こされるため、まずは自律神経を落ち着かせることを考えましょう。早寝早起きの生活リズムを作ったりストレスを溜め込まないなどが大切です。

 

また自律神経の乱れから腸内環境も悪化しているはずですので、腸内環境改善も同時に行いましょう。善玉菌を増やし、悪玉菌を減らす事は便秘解消にとって基本中の基本。ただし痙攣性便秘の場合、食物繊維の摂取は控えめに。敏感な状態の腸にさらに刺激を加えると便秘を悪化させる可能性がありますので。

 

痙攣性便秘の症状におすすめは
善玉菌(乳酸菌類など)を摂取

善玉菌を摂取するなら「乳酸菌」のサプリメントがおすすめ!

善玉菌が腸内で活発に活動するために必要な栄養素の補給

善玉菌を助けるには「オリゴ糖」サプリメントがおすすめ!

 

これで腸内をキレイにして、便秘に打ち勝つ環境を作りましょう。

ウンチがカチンコチン関連ページ

腹部膨満感や食欲不振
便秘の症状としてよくある「おなかの張はり」。腸内の悪玉菌の増殖に伴い発生した腐敗ガスにより、食欲不振や吐き気をもよおす場合も。腹部膨満感を改善する方法とは?
すっきりしない残便感
トイレで出したからもう大丈夫のはずなのに・・・まだ残っている気がする!そんな経験ありませんか?これも立派な便秘の症状。たかが残便感と侮らないでくださいね。
便秘と下痢を繰り返す
便秘と下痢を繰り返してしまう症状を抱える方も多いようです。これもいろいろな原因が考えれれますが疑われるのは痙攣性便秘。食物繊維が逆効果になることもあるので、しっかりと自分の症状を考えて対処しましょう。